同じ志の仲間たちと、

切磋琢磨できる喜び。

ひのき薬局薬剤師

岡本直也

2008年入社

Profileプロフィール

岐阜県大垣市出身。2008年に会喜調剤薬局グループへ。入社後は、いぶき薬局をはじめとする3店舗での勤務を経て、ひのき薬局へ。現在は、管理薬剤師とグループリーダーを務める。趣味は、読書と音楽鑑賞(主にJAZZ、ソウル、AORなどを中心)、スキーなど。

いまの仕事のおもしろさを教えてください。

薬剤師としての存在意義が試されることです。

わたしが働いている「ひのき薬局」では、主に在宅、居宅、施設の患者さまへのお届けを手がけています。近隣の医療機関が、在宅医療や介護に力を入れているため、わたしたちもさまざまな患者さまに対して幅広く対応していく必要があります。ひのき薬局には管理栄養士も常勤しており、調剤だけではなく食生活について気になることも気軽に相談できるようにしているのもそのためです。 幅広い視点が求められる状況で、薬剤師としてどのように対応していくか。もちろん正解はありませんし、常に脳みそはフル回転しています。薬剤師としては、常に試されている環境と言えるかもしれません。でも、チャレンジングな環境だからこそ、やり甲斐があるし、成長もしていける。そう信じています。

会喜調剤薬局グループと他の薬局との違いはどこだと思いますか?

同じベクトルを目指す仲間たちと切磋琢磨できることです。

薬剤師の仕事というと、個人プレーだと思われがちですが、当社は違います。創業以来「良い医療を実現したい」という志の仲間たちと走り続けてきた歴史があります。ときには切磋琢磨したり、ときには熱く議論したりしながら、理想の薬局像を追求し続けてきました。 向かうべき方向性がブレないように、「Mission(ミッション)」、「社訓」、「従業員との約束」、「Value(バリュー)」をそれぞれ策定。それらを記した「クレドカード」を常に携帯し、行動の指針にしています。それだけではなく、「Value(バリュー)」に基づいた社内表彰制度も導入。クレドカードを活用し、同じ方角に向かいつつも、それぞれが高め合っています。 そのほかにも資格取得支援制度、学習補助なども取り入れ、成長を後押し。管理職としても、「Mission(ミッション)」や、「Value(バリュー)」を大切にしながら個々の成長を支援することにやり甲斐を感じています。

入社を検討している方に、ひと言お願いします。

IT化が進んでおり、目の前の患者さんとの対話に専念できる環境です。

代表の馬場はITに明るいため、最新のテクノロジーを積極的に取り入れています。 たとえば、電子薬歴システムmusubiを、薬をつくる際にも円盤型分包機や散剤監査システムを、さらにはキャッシュレス決済も導入しています。また、全社員が閲覧可能なポータルサイトも設けているので、店舗間の情報共有もタイムリー。業務の効率化・平準化を図ることで、患者さんの待ち時間を減らし、対話に専念しやすい環境だといえるでしょう。 わたしたちが目指す「親切であたたかい質の高いサービス」は、日々の業務の積み重ねによって生まれるものです。だからこそ、それぞれが患者さまと真摯に向き合い続けなければいけません。「誰かの役に立ちたい」というシンプルだけど、決して忘れてはいけない想い。会喜調剤薬局グループでなら叶えられますよ。

岡本直也さんが働いている

ひのき薬局について

在宅、居宅、施設へのお届けを重点的に行なっている薬局です。 地域で暮らすみなさまのために、良い医療を実現すること。 それが、わたしたちの想いです。

ひのき薬局を詳しく見る

Entry募集要項とエントリー

興味をお持ち

いただけた方は、

ぜひエントリーを

詳細な勤務時間、勤務地、給与、福利厚生などについては、下記募集要項にまとめてあります。ぜひご覧いただき、興味をお持ちいただけるようでしたらページ下部のエントリーボタンよりご応募ください。

募集要項をみる エントリーはこちら インターンシップの詳細・
エントリーはこちら

Interviewインタビュー